BLOG ブログ
お役立ち情報やお知らせなどをお届けいたします。
エステサロンの内装工事の費用ってどのくらい?費用相場や工事を成功させるコツを解説

エステサロンを開業する際においても、内装工事は欠かせない工事です。しかし、内装工事の費用は物件の状態や施工内容によって大きく異なるため、開業前には費用の相場を把握しておくことが重要です。この記事では、エステサロンの内装工事の費用相場や工事を成功させるコツについて解説します。ぜひ参考にしてください。

エステサロンの内装工事の費用相場

エステサロンの内装工事の坪単価は、物件の状態や内装のグレードによって変動しますが、一般的には20万円〜50万円程度が相場と言われています。ただし、この金額はあくまで目安であり、実際の費用は物件の状況を見ながら見積もりを行う必要があります。

エステサロンに必要な主な内装工事の内容と費用の内訳

エステサロンの内装工事では、下地工事、床工事、壁工事、天井工事、電気工事、給排水工事、建具工事など、多岐にわたる工事が必要です。それぞれの工事の費用は、物件の状態や仕様によって異なるため、内装業者に相談して見積もりを取るのが最も確実であると言えます。

エステサロンの内装工事の費用を左右する要因

エステサロンの内装工事の費用は、様々な要因によって変動します。ここでは、物件の種類、内装デザインのコンセプト、設備・機器の違いによる費用の差について解説します。

エステサロンの物件の種類による費用の違い

エステサロンの開業に適した物件は、大きく分けて「居抜き物件」と「スケルトン物件」の2種類があります。


居抜き物件とは、前のテナントが使用していた内装や設備がそのまま残っている物件のことを指します。居抜き物件は、内装の一部をそのまま活用できるため、内装工事の費用を抑えることができます。


一方、スケルトン物件は、内装や設備が一切ない、いわゆる「更地」の状態の物件を指します。スケルトン物件は、内装を一から作り上げる必要があるため、居抜き物件に比べて工事費用が高くなる傾向があります。

エステサロンの内装デザインのコンセプトによる費用の違い

エステサロンの内装デザインのコンセプトによっても、工事費用は変わってきます。高級感のあるラグジュアリーな内装デザインの場合、高級な素材や照明、家具などが必要になるため、費用は高くなる傾向があります。一方、シンプルでナチュラルな内装デザインの場合は、比較的安価な素材や家具でも雰囲気を出すことができるため、費用を抑えることが可能です。

エステサロンの設備・機器による工事費用の違い

エステサロンに必要な設備・機器の種類や数によっても、工事費用は変動します。例えば、大型の機器を設置する場合は、電源工事や配管工事などが必要になり、費用が高くなる可能性があります。また、設備・機器の種類によっては、専門の業者に依頼する必要があるため、別途費用が発生する場合もあります。

エステサロンの開業に伴う内装工事以外の費用

エステサロンの開業には、内装工事以外にも様々な費用が発生します。ここでは、開業準備に必要な申請・届出や、設備・備品の購入について触れておきます。

開業準備に必要な各種申請・届出

エステサロンを開業する際には、様々な申請・届出が必要になります。例えば、法人設立や個人事業の開業届、保健所や消防署への届出、看板設置の申請などです。これらの申請・届出には、それぞれ必要書類の作成や手続きが必要になるため、時間と手間がかかります。

エステサロンに必要な設備・備品の購入

エステサロンを開業する際には、内装工事以外にも、施術に必要な設備・備品の購入が必要になります。例えば、エステベッドやエステ機器、受付カウンター、待合ソファ、事務机・椅子などです。これらの設備・備品は、エステサロンの規模やコンセプトによって必要なものが異なります。

エステサロンの内装工事の費用を抑えるコツ

エステサロンの内装工事の費用は、高額になる傾向があります。しかし、工夫次第では費用を抑えることが可能です。ここでは、内装工事の費用を抑えるコツを3つ紹介します。

居抜き物件を選ぶ

先述の通り、居抜き物件は内装の一部を活用できるため、スケルトン物件に比べて工事費用を抑えられます。物件探しの際は、居抜き物件を中心に探してみるのもおすすめです。

こだわる箇所と妥協する箇所を決める

内装工事では、全ての箇所に高級素材を使用したり、凝ったデザインにしたりすると、費用が高くなってしまいます。費用を抑えるためには、こだわる箇所と妥協する箇所を決めることも重要です。

複数の工事業者から見積もりを取る

内装工事の費用は、工事業者によって異なる場合があります。費用を抑えるためには、複数の工事業者から見積もりを取り、比較検討することが重要です。ただし、安さだけを重視するのではなく、工事の品質や工期、アフターサービスなども考慮して、最適な工事業者を選びましょう。

エステサロンの内装工事を成功させるコツ

エステサロンの内装工事を成功させるためには、費用面だけでなく、様々な要素を考慮する必要があります。ここでは、内装工事を成功させるコツを5つ紹介します。

エステサロンのコンセプトを明確にする

エステサロンの内装工事を成功させるためには、まずサロンのコンセプトを明確にすることが重要です。コンセプトを決める際は、ターゲットとする顧客層や提供するサービス内容、サロンの立地などを考慮しましょう。

顧客ターゲットを想定した空間デザインにする

エステサロンの内装は、ターゲットとする顧客層を意識して設計することが大切です。顧客ターゲットに合わせた空間デザインにすることで、サロンのコンセプトを効果的に伝えることができます。

機能性・利便性・清潔感を重視する

エステサロンの内装は、美しいデザインであることはもちろん、機能性や利便性、清潔感も重視する必要があります。施術ルームのレイアウトや動線、清潔感のある内装デザインを心がけましょう。

長期的な視点で素材や設備を選ぶ

エステサロンの内装工事では、長期的な視点を持って素材や設備を選ぶことが重要です。長く使える高品質な素材や設備を選ぶことで、メンテナンスの手間や費用を減らすことができます。

工事の進捗管理とコミュニケーションを密にする

内装工事では、工事業者との進捗管理とコミュニケーションを密にすることが大切です。工事の進捗状況を定期的に確認し、工事業者とのコミュニケーションを密にすることで、ミスや手戻りを防ぐことができます。

まとめ

エステサロンの内装工事の費用は、物件の状態や施工内容によって大きく異なりますが、坪単価は20万円〜50万円程度が相場です。内装工事の費用は、物件の種類や内装デザインのコンセプト、設備・機器の導入によっても変動します


内装工事の費用を抑えるためには、居抜き物件を選んだり、こだわる箇所と妥協する箇所を決めたり、複数の工事業者から見積もりを取ったりすることが有効です。エステサロンの内装工事は、サロンの印象を大きく左右する重要な要素となります。費用と品質のバランスを考えながら、理想のエステサロンを実現するためには、経験豊富な工事業者に相談するのがおすすめです。


株式会社バイソンには、東海地方を中心に多くの店舗様の内装工事を手がけた実績があります。ご予算や理想のサロンイメージをお聞きして、最適なプランをご提案いたします。エステサロンの開業をお考えの方は、ぜひ株式会社バイソンにご相談ください。

一覧へ戻る